返信用封筒の宛や行を二重線で消さずに送る方法…
斬新すぎる発想が話題に…



返信用封筒で書類を送る時って宛や行を二重線で消して御中を書いて送ります。

送られてきた書類の御中がびっくりの方法で書かれていました。

返信用封筒の宛や行を二重線で消さずに送る方法

引用:https://twitter.com/rikocal/status/1148170515267239936

何年も社会人やっていると色んなことがあるザマス
取引先に返信用封筒で書類を送る時、どうします?

〇〇宛とか〇〇行となっているのを二重線で消して
〇〇様とか〇〇御中にするのがまぁ一般的ですよね

お客様から送られてきた封筒で一番常識を覆されたのはこれ
消さないで活かすスタイル

昔からテクニックとしてありましたよね。
ただ本当に実践した人は少ないのではないでしょうか。

これが送られてきたらおもわず笑ってしまいそうです。

ネットでの反応

・私は61歳ですが、当時22歳で社会人になって、
私の勤めていた会社では皆さんそうやってました。
ただやり方は行も印刷字より太書きのサインペンとかで
上から全てなぞれば綺麗に見えますよ。

・ずっとやってたけど笑われてたかー

・ 結婚式招待状の返信葉書にある◯◯行の「行」を使って
「行きます」と書いていた奴がいた。

あなたにオススメの記事

⇒ 印鑑を左に傾ける必要あるのか?印鑑がお辞儀していないというクレームが謎文化すぎる…