名前の最初の音が表す意味…
日本語って深いと話題に…



名前の文字に意味が込められていることはありますが、
実は音にも意味があるって知ってましたか?

そんな名前と音の関係をまとめた「
名前の最初の音が表す意味をまとめた表」が面白い!と話題になりました。

名前の最初の音が表す意味

引用:https://twitter.com/kuryukikaku/status/586883160048189442

あ行

・創造性
・積極性
・開拓精神

基礎の音を表す母音は、すべての音のパワーとなる特別なもの。
あ行の音には開拓、開発、独走などのイメージがあります。

か行

・競争力
・強調性
・信念

勝つ、競う、克服、協力など、か行の音は
相手あっての行為や状況に多く使われます。
人から目を離さないという意味を持っています。

さ行

・直感的
・正確
・鋭い

そっと、さっとなど、さ行の音は
「正確」「鋭い」「繊細」といった印象。
一方、ざ行は「おおまか」というイメージを持ちます。

た行

・実行力
・行動力
・瞬発力

とっかかるなど勢いのある動作をあらわすことから
「実行力」「瞬発力」を想起させます。

だ行は「貫徹する力」のイメージ。

な行

・おおまか
・おおらか

「なあなあ」「ぬくぬく」といった具合にリラックスを感じさせるのがな行。
おおらかでナチュラルな印象の名前をつくることができます。

は行

・柔軟性
・あたたかさ

ふわふわ、ひらひら、ほのぼの…。
「やわらか」で「温和」な響きを感じます。
逆にば行は「闘志」や「活動」を想起させる響きに。

ま行

・内容が豊か
・包容力がある

世界各国で母親のことを「ママ」と呼ぶように
ま行は「やさしく包み込む」パワーを秘めている音です。

や行

・深い
・ゆとりがある

「やんわり」「ゆったり」「ゆうゆう」など。
安定やゆとりを感じる一方、「夕」「幽」「憂」などに示されるように
奥の深いイメージも。

ら行

・几帳面
・緻密

「理屈」「倫理」「ルール」など、
ら行の音には「すじ道をつける」「けじめをつける」といった
几帳面なイメージを持たれています。

わ行

・まとめる
・全体を把握する

「和」「輪」など一体感を感じさせるのが、わ行の音の特徴。
全体をまとめる器の広さや誠実さ、リーダーシップなイメージも。

音にもこんな意味があるんですね。

子供やペット、屋号…
あらゆる名づけの参考にしてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

⇒ 昭和天皇の玉音放送の本当の意味…本当は敗戦でも降伏でもなかった…