アリさんマークの引越社の粗悪な対応…
客の貴重品、契約書を失くし炎上…


アリさんマークの引越社の粗悪な対応

ブラック企業として有名になった
「アリさんマークの引越社」がまた騒動を起こしてしまった。

事件はツイッターの投稿で発覚しました。

どうやら投稿者の大事なアルバムや写真を間違えてごみに捨ててしまい、
さらには新居の契約書を紛失してしまったようです。

アリさんマークの引越し者の対応が悪すぎる
時間が無くてバタバタするのは分かるけど、捨てて良い物と捨てたらダメな物も指示してるのに…新居で片付けしてたら新居の契約書が無くなってて…
ゴミ捨てた所見に行ってもなくて挙げ句の果てに写真とかのアルバムも捨ててあってマジ有り得ん pic.twitter.com/LwZ2gPsDre

— ☆kyochan@pcx☆ (@pcx0221) 2018年5月19日

原因は作業員が時間に追われていたことによるものだとされています。
投稿された5月は繁忙期。
きっと目まぐるしく忙しいのでしょう。

投稿者はゴミ捨て場に探しに行ったが、
契約書は未だに見つかっていないという。

大切な写真やアルバムまで捨てられており、
もし気付かなかったらこのまま捨てられてしまうところだったそうです。

本社にはクレーム済み

引用:https://twitter.com/pcx0221/status/998013111540961280

https://twitter.com/pcx0221/status/998013720193253376

引用:https://twitter.com/pcx0221/status/998013720193253376

貴重品を自己管理してない方が悪いという意見も

引用:https://twitter.com/Eiya_LoL/status/998851259414208513

ほとんどの場合、貴重品類はお客側が管理するということが多いです。
貴重品も任せてしまった客側の失態もあるという厳しい意見も。

アリさんマークの引越社の過去

3年前にこの引越し業者は
1人の従業員を吊るし上げにしたことで告訴もされている。

・営業職として働いていた男性社員が
労働組合に加入したことをきっかけに
通称「追い出し部屋」というところに異動を命じた

・長時間労働を強いたにもかかわらず残業代を支払わなかった

・男性社員が車両事故を起こすと会社が48万円の弁償金を求め、
給料から毎月1万円天引きした

・罪状と明記された男性社員の実名と
写真付きのチラシが社内に貼り付け名誉を傷つけた

こんなことをした過去がある会社なのだから、
貴重品の紛失や粗悪な対応をしていてもおかしくはありません。

やはり本質的な部分は企業全体では変わらないのかも知れませんね。

ネットでの反応

・大事なモンは自分で整理しとけよ・・・

・アリなのに大雑把な仕事

・引っ越し屋は普通ゴミ出しなんかしないけどな

あなたにオススメの記事

⇒ 配達遅れに大激怒した客がヤマトの配達員を土下座させる…その様子が気の毒すぎる…